クラブの概要

 水彩画クラブ2007年8月に設立されました。クラブの愛称は「こまくさ会」です。
 そもそもは4人の会員が指導顧問(会員)の斉藤義雄様のアトリエで絵を描いていましたが、2007年5月からは例会場をSSNサロンに移し、水彩画の会として活動してきました。これをさらに発展させ、多くの会員の皆様にも参加していただきたいとの思いから、水彩画クラブの発足にいたりました。
スケッチブック  指導顧問が一人のこじんまりとしたクラブです。このクラブは趣味として水彩画を描き、観賞し、学び合い、そして高め合うことを目的とします。
 絵を描くことは失われつつある創造力や感受性を高め、また絵筆からもたらされる新鮮な感動は老化を防いでくれます。「中学校以来絵筆を持ったことはないが…」、「描いてみたいとは思うが…」などと最初の一歩をためらわれている方、水彩画クラブはいたって気楽で自由な会です。どうぞ遠慮なく「お試し参加」にお申しみください。

クラブ活動状況

 水彩画クラブは月2回、第一と第三日曜日の午後静かなSSNサロンで指導顧問の指導を受けながら和気あいあいにゆったりとしたひと時を楽しんでいます。年に数回日帰り写生会や泊りがけの写生旅行会を実施しています。
 クラブの恒例行事としてSSN文化祭での作品発表やサロンギャラリーでの作品を展示します。また6月末には札幌資料館ギャラリーで水彩画クラブの作品展を開催します。

入会案内

 水彩画クラブは絵を描くことが好きな方、興味のある方であれば、どなたでも大歓迎です。絵の巧拙や経験は問いません。

入会条件

 入会に先立って、お試し参加を一回お願いしています。
 クラブの活動状況や雰囲気を見た上で、入会を判断していただきたいからです。
 例会案内はSSNメーリングリストで例会の1週間ほど前に発信します。

会費など

 例会費は一回500円です。初回のお試し参加を終えるまで年会費(1500 円)を支払う必要はありません。

代表者

部長  1485  越野節子
水彩画クラブ

クラブ写生旅行会のスナップ