手稲追分川・旧中の川を歩く
Shunta
【地史編】
 西野から手稲の辺りは小河川が縦横に走っている土地柄である。琴似発寒川 から西で新川に合流する新川水系の自然の川は、昭文社の市街地図「でっか字 マップ札幌・小樽」(新書版)によれば、西野川、中の川(新旧)、追分川( 上追分川を含む)、宮の沢川、富丘川、三樽別川、軽川(旧軽川を含む)、金 山川、稲穂川、星置川(滝の沢川を含む)、濁川、清川というように10本以 上の小河川が流れている。これらのいくつかは互いに合流し、最終的には、中 の川、濁川、清川の3本の川の名前で新川に注ぐ。石狩湾が北西方向にあるた め、これらの川は土地の勾配から西にも北にも流れることができる。今回は、 「追分川」に沿って歩行したが、旧中の川との関連について楽しんでみた。

 明治29年発行の地形図によれば、発寒川と追分川の名称がすでに地図上に 記載されており、それらの中間辺りに無名ながら後の「中の川」らしき流路が 認められる。後の中の川という名称も発寒川と追分川との中間の位置にあるの でこう名づけられた公算が強い。大正5年発行地形図では、新川開削の効果に より発寒川が新川の北では、もう、か細いきれぎれの流れになっていること、 広い耕作地には排水路が縦横に走っていること、函館本線のすぐ南側に沿って 琴似から軽川に至る小道の両側に長い排水路が掘られていることなどが特徴的 である。

 この時代、中の川は、西野の水田地帯をまっすぐ北に流れ下り、旧国道5号 線(現北5条手稲通)を潜って横断し、さらにそのまま下って鉄路に沿う用水 路に合流して北西に向かって流れている。一方、追分川は、現在の宮の沢川の 流路で山を下り、旧国道5号線の手前(追分中央地区)で北西に向きを変えて、 現在の新中の川橋辺り(当時は旧国道の付け替え部に架かる橋)で国道の下を 潜ってさらに北へ流れ下り、鉄路の下も潜ってまっすぐに北へ向かい、現中の 川が新川に合流するのと同じ位置で注いでいる。従って、この時代の追分川の 流路は現在の中の川のそれと非常によく似ている。

 話が複雑になるのは、当時の追分川と中の川の間にもう一本無名の川が流れ ていたことである。この無名川は、現在の追分川の上流部「上追分川」に相当 するルートを流れ下って、山間部を出ると北に向きを変えて、前述の追分川の 流れに追分中央の辺りで接近するが合流せずに、別個に国道5号線を潜ってま っすぐ北へ向かい鉄路沿い南の用水路に合流している。この流路は、現在の追 分川の流路とほぼ一致している。この頃には、追分地区を流れる川が2本あっ たわけである。

 戦後まもなくの昭和25年地形図でも、大正5年の頃の川の位置関係は基本 的に変わっていない。昭和50年発行の地形図では、図式の変更があって一色 刷りの地図では小河川が細実線で表示されており、等高線の間曲線と非常に紛 らわしく読図が難しい。それでも、鉄路以北の関係する川筋は全て護岸工事が 出来上がっている。平成4年発行の地形図では、河川の拡幅と護岸化がさらに 進められ、鉄路の南側から宮の沢3条3丁目の流域にかけても整備された。

 この地図で興味深いのは、追分地区を流れる川の名称が「中の川」と表記さ れており、「追分川」の名前がどこにも見られないことと、従来からの中の川 (西野西町から鉄路沿いの用水路への流れ)は相変わらずそのまま記載されて いることである。つまり、元々の追分川の流路と名称は、全て中の川の名前で 抹殺されてしまったと云える。このことは、郷土史的に見ても非常に残念なこ とである。現在現地では、追分川の水路は「旧中の川」と表示板に明記されて いるが、地史的には明らかな誤りである。

 さらに付け加えれば、中の川水系と追分川水系との連絡水路が出来たのは、 平成4年の地形図には記載されていないので、それ以降のごく最近の工事と思 われる。また、現在、「追分」の名称は、当該地区の道路やバス停の名前とし て残っているが、川の名前としては、宮の沢の谷を流れ下る追分川上流部が「 上追分川」と呼ばれているのみで、中流部は中の川に乗っ取られ、新川から北 については、「発寒古川」という実在しなかった川(「歩行記」No.51参照)に 乗っ取られている。まさに「追分川エレジー」とでも呼ぼうか。なぜこんなこ とになったのか?−市土木現業所サイドの調査不足としか言いようがない。


【歩行編】
JR稲積公園駅で降りるのは、昨年夏「三樽別川」を散策した時以来である。 暑い夏は、森林の緑陰を歩くか、風の通る川筋を歩くのが比較的涼しい。駅の 北口にはその三樽別川が流れており、駅前の南東側ですぐに「中の川」と合流 する。川面を見たいと思って川の堤防に上がるが、両岸の堤防法面から河原に かけてびっしりとオオイタドリなどの雑草が生い茂ってまったく視界に入らな い。それでも堤防上には、晩夏らしく、おみなえし、西洋みやこぐさの黄色、 むらさきツメツサ、オニアザミの紫色が、葉の緑と混在してまるで野草園の趣 がある。市の植生だが、はまなすは花が終わって朱色の実が日の光りに輝いて いる。

 中の川の下流に沿って堤防上を歩いて行くと800mほどで「追分川」との 合流点に出る。ここには、北海道札幌土木現業所の「旧中の川排水機場」があ り、その役目は旧中の川(実は歴史的には追分川と呼ぶのが正しい。以後追分 川と呼ぶ)が増水した場合、ポンプアップして中の川に排水する施設である。 今日のような晴天のうだるような夏の追分川の水流はごく少なく、淀んだ水路 となっており、河原はもとより川の中までみそはぎ、ガマ、セリ、ヨシなどの 水生植物や名前の分からない藻が繁茂している。

 土木現業所の前にある三角形の「のぞみ公園」で休憩の後、今度は追分川沿 いに南の上流側へと方向転換する。途中、「とんぎょ橋」という名の橋が架か っているように、いかにも、とんぎょやフナ、川えびなどが採れそうな川であ る。ヨシの間から覗く川面には、産卵の赤とんぼや塩辛とんぼが多数乱舞して おり、子供の頃の川遊びを思い出す。追分川の低い両岸の土手はコンクリート や石で護岸されていないが、歩きやすい遊歩道が付いている。川岸の表示板に よると、土地の人々が「旧中の川をきれいにする会」を組織しているらしく、 川筋はよく整備されていると云える。

 一句、「はまなすの 朱き実熟れて 夏は去ぬ」

 さらにまっすぐ南に1キロほど歩くとJR函館本線にぶつかる。横断道路は 線路沿いを300mほど迂回して線路の南側に出る。ここでは追分川と線路に 沿った南側の水路(稲積公園駅から発寒駅の先まで続く)とが交差しているが、 いずれの水路もちょろちょろと流れている状態で勢いはない。それでも、カモ が数羽、こんな水路でも満足して逍遥している。線路から南側(ここからは橋 に表記されている川の名前も「旧中の川」ではなく「追分川」となる)の追分 川の水質は格段に良くなってきて川底が見えるようになり、本来の自然な川水 の流れが強くなったことを物語る。

 線路を過ぎてなおも南へと遡る追分川を追って、西宮の沢地区へと入って行 くが、この辺りは昔から「追分」と呼ばれている地域である。この辺りで一時 遊歩道がなくなるがすぐに途中から復活し、幹線の「二十四軒手稲通」や側道 を備えた立派な6車線道路「追分通」の下を潜る辺りからは再び整備の良い遊 歩道となり、うれしいことに川幅は狭いものの清流のすぐそばを歩くことがで きる親水公園となっている。国道5号線(北5条手稲通)の下を潜り抜けた川 岸には人知れず半野生化した「クレソン」の群落があり、摘み取って噛んでみ ると独特のにがみがあり、ありがたく一掴みいただくことにした。

 国道5号線のすぐ南で追分川は暗渠に入り、川筋の延長を辿るとそこはもう 中の川との合流点になっていた。この辺り、中の川の護岸幅は広く川底の位置 も今来た追分川より深く段差があり、通常の平面的な合流では高い位置にある 追分川には水が流せない。そこはそれ土木工事屋さんがうまく造っており、中 の川の流路を絞って何段もの水勢低減用の段々を利用し、そこから追分川専用 水路を分岐させるという巧妙な手法を採っている。

 「札樽自動車道」の下を南に潜ってこんどは「中の川」を遡ることになる。 上流からは、「宮の沢川」に続いて「上追分川」が直角に次々と中の川に合流 して来る。さらに進むと、中の川は宮が丘公園の高台を仰ぎながら西野屯田通 の下を潜って250mほどで4筋の川が関与する会合点(合流・離散)に至る。 即ち、南の上流から中の川と西野川が流れてきて会合し、北へ向かう旧中の川 と西へ向かう新中の川が分離して流れ下っている。また、旧中の川の入口には 水門があって両者の水量を調節できるようになっている。

 前述の上追分川合流点からこの会合点までの700mほどは、比較的新しい 流路切り替え工事のようで、平成4年国土地理院発行の地形図ではまだ連結さ れておらず、それまで中の川と西野川の水は合流した後、旧中の川へ全量入っ ていた。従って、新中の川の流路は、本来、中の川の水系ではなく、上追分川 を上流部とする2筋の追分川が流れていたものなのである。しからば、なぜ、 どのような目的で、この切り替え(連結)工事がなされたのであろうか?

 4河川の会合点の付近は、うっそうとヨシの茂る河川敷の中、それぞれの川 の流れが1mにも満たない幅で見え隠れにヨシを分けている。特に、中の川上 流部と西野川とに挟まれた空き地は、整備されれば素敵な展望公園になると思 われるのだが、残念ながら、久しく手が付けられていないようであった。

 会合点の水門から旧中の川が流れていた下流をまっすぐ北へ辿ってみる。水 門以降の水流はごくわずかで、護岸化された川床を湿らせるほどの効果しかな い。川に架かる小橋に表示された川の名称は、誤うかたなく「旧中の川」とな っている。川が林立するマンションの裏手を抜けていって、国道5号線(北5 条手稲通)を潜るすぐ手前の小さな緑地には、この地に開拓・入植した旧白石 藩士達が明治5年に開校(札幌市では2番目に古い創立)した「時習館」(手 稲東小学校の前身)の記念碑が、緑地の規模には不釣合いな大木となっている はるにれ、やちだもの緑陰の中にひっそりと佇んでいた。

 国道5号線から二十四軒手稲通の地下鉄宮の沢駅のすぐ脇を横断した旧中の 川の流れは、札幌新道の下も潜り、マンション・アパート群の裏手を通って、 JR函館本線に沿う南側用水路に至る。ちょうど今、ここでは発寒駅までの用 水路の護岸改修工事の真っ最中であった。この用水路は先に見たように、ここ から発寒駅の向こう500m先の追分川に合流することになる。



(2005.08.17. 追分川と中の川の合流部に建つ排水機場(追分川から望む)

(2005.08.17. 追分地区を流れる追分川とその遊歩道(上流側を見る)

(2005.08.17. 4河川の会合点(手前側:中の川下流、右:中の川上流、右奥:西野川、左:旧中の川下流)
目次  前のページ  次のページ  百花繚乱TOP
NPO法人 札幌シニアネット   小樽しりべしシニアネット ページの先頭へ戻る